口呼吸による歯肉炎|倉敷の歯医者は川西歯科医院へ。新倉敷駅から徒歩2分で訪問歯科にも対応。

0865225716

診療時間 9:00~12:00 / 15:00~19:00
※木曜午前・土曜午前は13:00まで

休診日木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

歯科ブログ

blog

口呼吸による歯肉炎

2017.02.27

こんにちは。川西歯科医院の衛生士の田邉です。

 

今回は歯肉炎と口呼吸についてお話したいと思います。

 

写真をご覧ください。

小学生のA君ですが、前歯の歯ぐきがとても腫れています。

歯磨きをすると出血もあります。

 

磨き残しにより歯ぐきが腫れることもありますが、

今回A君の場合は口呼吸を行っていることも考えられます。

みなさんは気づいたときにはお口がポカンと開いていませんか?

 

唾液には細菌を洗い流す作用がありますが、口呼吸によって歯ぐきが乾燥すると、唾液による自浄性が低下し、歯肉炎を引き起こす原因となります。

 

この写真のお子さんはお口が開いていることが多いため、舌やお口周りの筋肉を正しく使えるようトレーニング(MFT)を行なっています。

自然にお口を閉じ、鼻呼吸が身につくこと、また、歯周病の予防もサポートしていきたいと思います。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

pagetop